テーマ:デホ゛ーション

何度も

 辛いときに何度も思い出すのが、  詩編23篇、詩編91篇、ヨハネ15章、主の祈り・・・・  歌の歌詞によくある、祈っても何もないとか、神様の声は聞こえないとか、ありますけど、  そんなことないよ。といつも思います。  求めれば与えられますし、与えられないのにも理由があります。  最近も、祈っていてなかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神を求めさせるため

 これは、神を求めさせるためであって、  もし探り求めることでもあるなら、  神を見いだすこともあるのです。  確かに、神は、  私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。使徒の働き17章27節  神を求める・・・心の奥からの願いですよね。  そうしたら、神を見いだすこともあるのです・・・クリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からし種 ②

 天の御国は、からし種のようなものです。  それを取って、畑にまくと、  どんな種よりも小さいのですが、  生長すると、どの野菜よりも大きくなり、  空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります。マタイ13章31節  天の御国はからし種のように、最初は小さい、小さいものなんですね。  その種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

からし種

 「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、  この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ』と言えば、言いつけどおりになるのです。・・・」ルカ17章6節  使徒たちが、「私たちの信仰を増してください」とお願いした後の、イエス様のお答えです。  以前は(信仰って難しい・・・)と思っていたのですが、  から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権威のある新しい教え

 人々は、その教えに驚いた。  それはイエスが、律法学者たちのようにではなく、  権威ある者のように教えられたからである マルコ1章22節  「これはどうだ。権威のある新しい教えではないか。汚れた霊でさえ戒められる。すると従うのだ」マルコ1章27節  イエス様の活動で、癒しと悪霊の追い出しは、たくさん出てきます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のうちにいる

 あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。ヨハネ15章7節  先日は、奇跡がほしいと祈っていた私ですが、その翌日に聞こえてきたのが、イエス様の愛のうちにいなさい。でした。  そうです、イエス様の愛のう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈ることかな・・・

 最近、昨日も書きましたが、そのままの私で救われているんだなあと  実感がわいてきているんですけど、「じゃあ、あなたは自分が救われているだけでいいんかい!?」と  思われる方も、たくさん?いると思うんですよね。  半分はそれでもいいかも・・・で、もう半分はいやいや、それでは後々私は後悔するかも・・・  そう思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたがたの宝のあるところに

 あなたがたの宝のあるところに、あなたがたの心もあるからです。  腰に帯を締め、あかりをともしていなさい。ルカ12章34-35節  よくいろんなニュースで、経済的損失とか、経済効果なんて聞きますけど、  なんか嘘っぽくって、それになんでもお金に換算して評価するところが嫌なんですよね。  ほんとかどうか分からないし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渇く

 イエス様は十字架にかかられ、  「私は、渇く」と言われましたが、  もちろん、イエス様は非常な痛みと苦しみの中で、渇きを感じられたのですが、  私も生きていると、心がカサカサになってかわいているなと感じることがあります。  特に悲しいことや、苦しいことがないときでも、そう感じたりします。  良い人たちに囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全て感謝です。

 体調の波は相変わらずで、元気いっぱいの時と、  だーっと落ち込む時と差が激しいです  心の状態はだいぶ落ち着きました。  体調が悪くても、まあ何とか仕事は出来ているし、それだけでも有難いですからね。  体調が悪いと、心も落ち込むので、私は何度かイエス様に  「私はうつ病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道を逸れる

  あなたがたは、それほど物分かりが悪く、  "霊"によって始めたのに、  肉によって仕上げようとするのですか。ガラテヤ3章3節  キリスト教でも、異端と言われるものがあります。  昔からあるもの、新たに生まれるもの。  でも、それらも、もしかしたら最初は聖霊の御業のうちにあったのかもしれないなと  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土の器が壊れても

 私たちは、この宝を、  土の器の中に入れているのです。  それは、この測り知れない力が神のものであって、  私たちからでたものでないことが明らかにされるためです。コリント人への手紙 第二 4章7節  若いころは、輝いた人生、生き甲斐、やりがい、成功などなど、  色々求めてますけど、まあ若いころは、それでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法則と信じること

 なぜなら、キリスト・イエスにある、  いのちの御霊の原理(法則)が、  罪と死の原理(法則)から、  あなたを解放したからです。ローマ8章2節  (法則)はウォッチマン・ニーの本を読んで、書いてみました。  法則は力ですから、わざわざ信じることはないんですよね。  ウォッチマン・ニーも地球の引力を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何ができるかではなく

 イエス様が十字架の死から復活されました。  私はヨハネの福音書の終わりに書かれている、弟子たちと朝の食事をするところが好きです。  ペテロとヨハネだけではなく、みんなイエス様からみ言葉をいただいたんだろうなと想像したりします。  ボロボロになってしまった弟子たちは、自分がこれから何ができるかではなく、  イエス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主は悪魔を滅ぼされた

 そこで、子たちはみな血と肉とを持っているので、  主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。  これは、その死によって、  悪魔という死の力を持つ者を滅ぼし・・・ヘブル2章14節  私は時々「サタンよ立ち去れ、私の周りにはいってくるな」と声に出して祈ります。  姿形は見えないけど、やっぱり存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖霊様の声

 私は聖霊様の声は、イエス様の声だと思っています。  あんまり分けて考えていないというか、同じだと思います、やっぱり。  私の場合、その声は「何々をしなさい」ではなく、  「それは違う、いけないことだ」だったり、  「それは愛のない行為だ。戻ってきなさい」という声が多いです。  私の推測では、私は霊的な年齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わざを信用する

 もしわたしが、わたしの父のみわざを行っていないのなら、  わたしを信じないでいなさい。  しかし、もし行ってるなら、  たといわたしの言うことが信じられなくても、  わざを信用しなさい。ヨハネ10章37-38節  イエス様の言うことなんて、信じられないわと思っても、  イエス様のわざ(癒し、奇跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きな聖句

 わたしは、すぐに来る。  あなたの冠をだれにも奪われないように、  あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。  勝利を得る者を、  わたしの神の聖所の柱としよう。  彼はもはや決して外に出て行くことはない。黙示録3章11から12節  冠とは、信仰のことですね。  しっかりと持っていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買い取られた

 先日、THE BIBLE~選ばれし者たちの歴史物語~を録画して見た感想を書きましたが、  もう一つ、特に感じたのはイエス様はあんなに痛く辛い思いをして十字架にかかってくださったんだということでした。  私は十字架のイエス様の言葉を思い浮かべる黙想をよく行いますけど、  十字架にかかられるまでのイエス様の様子は、聖書を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行いと真実をもって

 子どもたちよ。私たちは、  ことばや口先だけで愛することをせず、  行いと真実をもって愛そうではありませんか。ヨハネの手紙第一3章18節  最近ヨハネの手紙を何度も、繰り返し読んでいます。  愛するって難しい。  でも愛がないクリスチャンも、ありえないし・・・  ことばや口先だけで愛することをせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨハネの手紙第一

 イエスがキリストであると信じる者は誰でも、  神によって生まれたのです。ヨハネの手紙第1 5章1節  クリスチャンなら当たり前って素通りしてしまいそうな箇所ですが、  私たちは神様によって生まれた存在なんですね。  イエスがキリストである と信じる。すごく単純そうですけど、  私は信じていなかったときは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のない自分と主の応え

 体調が悪く、気持ちもふさぎ込んでくると、  私は段々と、また自分が可哀想、自分を守らなくてはと意固地になってきました。  おまけに嫌な人、物事を裁くし・・・  うーん(゜-゜) イエス様何で私はこんなに愛のない人でしょうか! と祈っていると、  「そんな時こそ私のところに戻ってきなさい」と言われました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そのまま受け取る

 特に黙示録などを説明しているもので、すべて比喩、たとえだとするものがありますけど、  私はそれだとよけいに、分からなくなるんですよね。  理解力がないからかしら?  わからないなりに、そのまま受け取ったらいいんじゃない?と思います・・・  携挙も、クリスチャンは天に挙げられて、艱難から逃れられるというのもよくき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神であり、人である方

 昔々、もう20年以上前に、私は聖書も読めば、ニューエイジの本も読むといった状態でした。  聖書の教えは一貫していますけど、ニューエイジの教えはさまざま。  宇宙人の教えもあれば、それ以外の神の教えもあるといったごちゃまぜな感じ。  そこで必ず出てくる、イエス・キリストの名前。  彼らは、イエスの教えは認めていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪口は言わない

  肉に従って歩む者は、肉に属することを考え、    霊に従って歩む者は、霊に属することを考えます。  肉の思いは死であり、霊の思いは命と平和であります。ローマ8章5-6節  悪口をいうと、もっと相手のことが嫌いになって、自分のことも嫌いになります。  悪口は言わないほうが良いです・・・・  私は、悪口を言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分で何とかするではなく

 神様を信じる反対が、「自分で何とかする」 ですね。  何ともならないのに、何とかする、しようとするほど辛くエネルギーのいることはありません。  でも自分で何とか出来たら、偉くなったような気がしますし、  褒められることもこの世では多いです。  それで、あれやこれやいろんなものが増えて、もっと身動きが出来なくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れの波

 最近、ブログも何度も更新出来るし、私、元気だわ~と喜んでいたのもつかの間  またまた疲れの波に飲み込まれてました。あ~あ  私は、自分だけの日記と、このブログを書いているのですが、どちらも不定期で好きなときに書いてます。  書くことは好きですし、やっぱり良いですね。  この疲れの波のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信仰を堅く

 あなたがたは、このように主キリスト・イエスを  受け入れたのですから、彼にあって歩みなさい。  キリストの中に根ざし、また建てられ、  また教えられたとおり信仰を堅くし、  あふれるばかり感謝しなさい。コロサイ2章6節  私がひどく失敗する時は、イエス様から離れたときです。  反対にうまく進むときは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄のことば

 「ご覧なさい。長年の間、私はお父さんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。  その私には、友達と楽しめと言って、子山羊一匹くださったことがありません。・・・」  ルカ15章29節  放蕩息子の兄のことばです。  父親が好き勝手をした自分の弟のために、宴を開いていることが気に食わないのです。  まじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝福とのろい

 見よ。私は、きょう、あなたがたの前に、  祝福とのろいを置く。申命記11章26節  呪われているって思ったことはありませんか?  私はあります。正直、私の親は私を祝福するより、  (この子も自分たちと同じようにそれほど幸せにはならないだろう)と思っていたように感じます。  それは私を呪っているわけではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more