からし種 ②

 天の御国は、からし種のようなものです。

 それを取って、畑にまくと、

 どんな種よりも小さいのですが、

 生長すると、どの野菜よりも大きくなり、

 空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります。マタイ13章31節


 天の御国はからし種のように、最初は小さい、小さいものなんですね。

 その種をまいてくださるのは、もちろん神様で、

 つい何でも自分の力で、出来る、なんとかしようと思う私ですけど、

 天の御国も信仰も神様、イエス様がくださるものなんだと思いました。


 昨日、少し気がかりな話を聞いて、祈っていると、

 「神の国と神の義を求めなさい」と聞こえてきました。この聞こえるというのは、

 ずっと心の奥からというか、霊の耳で聞いているんだと思います。

 サタンの声との違いは、平安があるかどうかです。サタンの声は、穏やかでも嫌な気持ちがしてきますし、

 最後は私をののしる声に変わります。

 
 日々いろんなことがありますけど、イエス様から頂いたからし種を大事に、

 毎日求めて、生きていきたいと思います。

 ではまた

 

この記事へのトラックバック