奇跡と祝福そして

 以前、奇跡と祝福を求めて祈っていますと書いてたんですけど、

 あ、明けましておめでとうございます!今年もどうぞ宜しくお願いします

 一つ、奇跡と祝福をいただきました それは、

 祝、借金完済です。

 いや長かった、十年以上たちますね。これは私の甘さと、あとは運の悪さ(今ならサタンせいだと言っている)

 150万くらいあったかしら、もっとあったかも・・・

 元々、親には頼れないし、頼りたくないし。

 コツコツ返済していたのでした。

 それは奇跡でも、祝福でもないでしょうと思われる方もおられるとは思いますが、

 私にとっては、奇跡ですし、祝福です。

 一番最悪だった頃は、3週間くらい休まず働いてたこともありました。しかし状況は変わらず。

 私は水商売も無理だし、風俗などとても無理。

 ぱっと返済は無理ですしね。

 そのころ、昔読んでいたキリスト教の雑誌に、(イエス様の十字架は、あなたの罪だけでなく、

 病気、貧困、失業、人間関係などの苦しみ、すべてが十字架につけられ、その対価は支払われている・・・)   とあって
 
 私はイエス様に「私に、この借金は重荷過ぎます、イエス様、あなたが支払ってください。

 あなたは神の子で、神様です。私を贖ってくださったことは知っています。信じています。

 羊飼いであるイエス様が私を養ってください」とはっきりお祈りしました。

 だからといって、すぐに完済できたわけではないですし、そんなのが奇跡と祝福ではないだろうと

 やっぱり思う方もおられると思いますが、私がこのような道を歩んだのは、

 心の何処かに神様ではなく「お金が全て、お金が経済状態が、人生を決めるのだ」と信じていたからだと思います。

 それは親がパチンコばかりして、貧しかったから、私の人生はこの程度なんだと思っていたからでもありますし、

 愛を感じられなかったから、お金という、この日本では特に大事にされている力が欲しかったからというのもあります。

 でも、神様はそんな考えは粉々に砕いてくださいました。ハレルヤ!

 もう十年くらい前になりますが、私は土日が休みでしたので、(もう一日、働いたほうがいいよね)と考えていると、

 イエス様が「それは駄目だ」とはっきり言われたことがありました。渋々従っていたのですが、

 そうすることで、反対に無駄遣いをしなくなりましたし、返済しながら、少し貯金もして、また返済してと、

 確実に返すことが出来ました。

 節約しすぎて、ケチになるとイエス様は「それも良くない」と何度も連れ戻してくださいました。

 食費など削ることが、節約だと雑誌にも書いてありますけど、必要以上に削って、栄養のバランスが崩れると、

 体調も崩れます、病気になってしまうと、働くことも出来ず、それは収入がなくなることに・・・

 イエス様の言われる通りなんです。

 イエス様ありがとうございます。そして、もっと私に奇跡と祝福をください。

 それはただ物やお金が欲しいからではなく、もっと神様を知りたい、愛をいただきたいからです。

 このブログを読んでくださっている方にも、もっと奇跡と祝福をください。イエス・キリストの御名によって父なる神様にお祈りします

 あなたがたは罪によって、また肉の割礼がなくて死んだ者であったのに、神は、そのようなあなたがたを、キリストとともに生かしてくださいました。

 それは、私たちのすべての罪を赦し、いろいろな定めのために私たちに不利な、いや、私たちを責め立てている債務証書を無効にされたからです。

 神はこの証書を取りのけ、十字架に釘づけにされました。コロサイ人への手紙2章13-14節

 

 

 

 

 

 

この記事へのトラックバック