神様のせいではない

 祈りのお蔭か、とても元気に過ごしていたのですが、

 ささいな、でも嫌な出来事があり、先日は夜中に目が覚めて、

 (あーあ、ほんと嫌だなあ)とまた思い出していると、

 イエス様が「そのことは私が起こしたことだと思うのか?」と言われました。

 一瞬、夢?と思ったのですが、あ、私はこの嫌な出来事を神様が与えたことだと思って、

 少し、神様を恨んでいるんだ。と気が付きました。

 「イエス様、ごめんなさい。私はこのことを神様(イエス様)のせいのように思って、恨んでました」と言いました。

 そして、「イエス様の御名でサタンよ立ち去れ」と祈りました。

 イエス様は私の心が元気でなくなる時は、みことばを食べていないときだと教えてくださりました。

 イエス様の愛のうちで、イエス様につながって、聖書を読むと元気になると言われました。

 イエス様につながっていないと、枯れて燃やされる枝になってしまうんだなと実感しました。

 聖書は何度読んでも、飽きないですよね。また読みたくなる。そして霊にも、心にも、体にも栄養を与えてくださるんだなと思います。

 ではまた

この記事へのトラックバック