白く塗った壁

 夢の中で、私は職場の人たちと一緒に、道を急いで歩いていました。

 曲がり角の近くでふと、横を見ると、

 白い壁(そんなに高くない2mくらい)があり、きれいな白い壁だわと思っていると、

 茶色い細かい線のような、虫のようなものが浮かびあがってきて、それも沢山。

 ぎゃーとびっくりして目が覚めました。

 最初がきれいな白い壁だったもので、その茶色の虫のような、シミのようなものが

 いっぱい表れてきたことが、ホラー映画のようでした。

 思い出したみことばが、

 「ああ、白く塗った壁。神があなたを打たれる。・・・」使徒23章3節

 わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。お前たちは白く塗った墓のようなものです。・・・マタイ23章27節


 この夢は警告の夢だなと思いました。

 まあ確かに、今の職場はおかしなことがまかり通っているし、そのことも表れていると思うのですが、

 私の中にも、偽善の律法学者、パリサイ人がいるなと思いました。

 良いことをしようと望んでも、自分の力だけで、人間の力だけで行おうとするのは

 白く塗った墓、白く塗った壁のようで、必ず汚れがその下に潜んでいます。

 どんなに素晴らしいと思えるような人であっても、

 イエス様を心に受け入れなければ、その小さな、でもたくさんある汚れ、罪はそのままです。

 人間が受け継いだ、この罪、穢れは自分の力ではどうしようもないのだ。

 イエス様の十字架の血潮を浴び、受け入れなくては聖くはなれないのだ。

 そう深く思わされた夢でした。

 では、また

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのトラックバック