うさぎの夢

 私はよく夢を見ます。眠りが浅いのかなとも思いますが。

 この間は、40代か50才くらいの男の人が、ひざの上に白い毛のふさふさしたうさぎを乗せていて、

 なでてかわいがっていました。すると声がして「このうさぎを大事に生活していかないと、お前は鶏小屋に戻ってしまう」と聞こえました。

 場面が変わって、その男の人が鶏小屋ではないけれど、小さな狭い部屋で悲しんでいるのが見えました。

 そこで目が覚めたのですが、この夢は私に対するメッセージなんだなと思いました。

 小さなうさぎ・・・私の中の優しい気持ちや、子供の部分、すぐ怯えて、弱弱しいところなど。

 こういったところを大事にしないと、

 鶏小屋・・・汚れた、うるさい、騒々しい、イライラする。

 そういう環境になってしまう。私はこの鶏小屋に表される状態に、とても弱いです。

 人間関係でもこんな状態になると、すぐ、めそめそしてしまいます。街中の汚れたうるさいところ(パチンコ屋など)近づくのも嫌です。

 いくつになっても子どものような気持ちは、大事にしていかないと喜びは生まれないのかもしれませんね。

 私たちが神の子どもと呼ばれるために、-事実、いま私たちは神のこどもです。

 -御父はどんなにすばらしい愛を与えてくださったことでしょう。

 世が私たちを知らないのは、御父を知らないからです。ヨハネの手紙第一3章1節
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック