祈りが聞かれるとき

 私は神様は祈りを聞いてくださる方だと思っていますが、(時々疑ってしまうけど、ごめんなさい)自分のことに関する祈りよりも、周りにいる人のための祈りのほうが、よく聞いてくださるような気がします。

 自分のための祈りは、もちろん大事なことで、私も続けていますが、どうしても余計なものがくっついた祈りのように思います。(見栄があったり、単なる物への執着心だったりね)

 周りにいる人たちのための祈りは、他の人のことは冷静によく見えたりするので、彼らの本当に必要とすることを祈ることができます。

 それが聞かれたときはものすごく嬉しいです

 その本人も喜んでいたりすると「神様はあなたの見方なんだよ」と伝えてみたりします。(さりげなくね)

 しかし私の周りでイエス様を信じる人は、まだ誕生していません。

 でも、あんまり気にしてもいません。神様の時はまだかもしれないから・・・

 私の力でイエス様を信じてもらっても、続かないでしょ。私自身信じるまで時間がかかったしね。

 神様のみことばが(種が)発芽するまでは時間がかかることもあるのよ、と思っています。

 彼らをこの世から取り去ってくださるようにというのではなく、悪い者から守ってくださるようにお願いします。わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものではありません。真理によって彼らを聖め別ってください。あなたのみことばは真理です。ヨハネ17章15-17節

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック