熱烈な神様

 私はイエス様の声が聞こえます。頭がおかしくなったと思う人もいるので、公言はしてませんが。でもクリスチャンの方ならわかってもらえるのではと思っています。

 (いや、それは聖霊様でしょう)と思う方もおられると思います。私も(聖霊様かも・・・)と思ったりします。

 ただイエス様と思うほうが、私にはしっくり来るんですよね。

 イエス様に焦点を合わせるほうが、心が落ち着くのです。

 ただ聞こえる声は、自分の胸のうちにおさめるようにしています。他の人に押し付けたりはしないようにしています。

 イエス様の声は、私に対する励ましだったり、注意だったりなので押し付けようがないのですが・・・

 このごろ「イエス様、私の羊飼いであるイエス様、私を飼ってください。」と祈っていて、だんだん自分の祈りに物足りなくなってきて(イエス様は私をちゃんと飼っていてくださいます)、「イエス様、私は自分ではどうしようもありませんから、もう私を支配してください。」と祈りました。

 イエス様は「私はあなたを愛しているのだ。」と言われました。それも私にその愛を受け入れてもらいたいかのように言われました。

 クリスチャンの方の証で、(十字架を受け入れたとき、イエス様を信じたとき、ものすごく神様の愛を感じた)と聞いたことがありますが、私は救われたというのはすごく感じたのですが、神様の愛はそこまで感じなかったんですよね。時間が経っていくうちに、しみじみ感じることはできたのですが。

 でもイエス様はもっと熱烈に私を愛してくださっているようです。(私だけではないけど・・・)

 愛し合う恋人同士でも、お互い好きあってはいても、温度差があれば、より深く愛している方は、(もっと自分を愛して欲しい、愛を受け入れて欲しい)と思うよね。

 熱烈な神様が、なまぬるさを嫌うのがわかりました。

 わたしはあなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろあなたが冷たいか、熱いかであってほしい。黙示録3章15節

 私は、私の愛する方のもの。
 私の愛する方は私のもの。
 あの方はゆりの花の間で群れを飼っています。雅歌6章3節


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック