私はよく夢を見る。予知夢もよく見ます。後になって、ああ夢のとおりだわと思うことも多いです。(いいことも悪いことも)悪いことは他人事のような感じで出てくる。いいことは少ないけどね、明るい印象の夢のことが多いです。
 信仰に関する夢もたま~に見る。イエス様からパンをもらった夢もそうだけど、十字架の夢を見てびっくりしたことがあります。手の釘が打ち付けられているところは何故か見えなくて、あばら骨が浮き出ていて、全身血で染まってました。赤黒くて・・・何というか罪にまみれている、罪をすべて受け取っている。「キャー、イエス様!」と叫んで目を覚ましました。
 バプテスマのヨハネが「見よ、世の罪を取り除く神の小羊・・・」といった意味がわかった気がしました。(私の代わりにイエス様が地獄に落ちてくださったんだ。)と思いました。
 この夢は何年経っても覚えています。最初は恐ろしかったんですけど、イエス様をほんとうに受け入れてからは不思議と安らかな気持ちになります。
 私にとって十字架のまえで祈ることは、このイエス様の十字架の前で祈ることです。イエス様の血潮をうけ祈ること。「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、わたしのうちにとどまり、わたしも彼のうちにとどまります・・・」(そのとおりです。主よ)と心からそう言うことができます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック